みんとん部!

平成元年生まれ中心の都内バドミントンサークル「みんとん部」の活動をベースに「バドをより楽しむヒント」を紹介していきます!

練習紹介:1球シングルス

バドミントン部の部長さんや、社会人サークルの代表!
こんな練習をしてみてはどうでしょうか?

 

「1球シングルス」と呼ばれる練習です。

www.youtube.com

 

1コートで4~10人くらいで取り組めるためコスパがよく

大人数でもできる練習です。

 

2チームに別れて、1球ごとに人が入れ替わるシングルスを行います。

・X点取ったら終了

・サーバーはサーブ打ったら即交代に変更する

などのアレンジを加えて挑戦してみてください。

 

 

f:id:suwamika:20190814111434j:plain

1球シングルス

 

3つの"シャトルワーク"の存在を知ろう!

今回紹介する「3つのシャトルワーク」は使えると試合中に楽だけど、使わなくてもいい技術です。

 

日常生活でいうなら… お札を高速で数える技術ですかね… あったら便利ですが、なくても、まぁ、数えられる… そんな動作です。

 

f:id:suwamika:20190814105759p:plain

お金を数える

そのほか、テニスで言えば、落ちてるボールをラケットだけで拾う技術などにあたります。
 

バドミントンはいわば「自分のコート内にシャトルをいかに落とさないようにするか」を競うスポーツです。

ゆえに、落ちてるシャトルには興味がないスポーツと言えるのですが、実際は、落ちてるシャトルを拾う動作が多々あります。


練習でも拾い、試合でも拾う…


それだけでなく、実際はシャトルを打ち返すことなく「受け取ったり」、シャトルを渡すためにラケットを使って「放ったり」します。


具体的にはこんな動きです。

www.youtube.com

 

この「ラリー中には使わないが、試合中にあったら楽な動き」についての詳しい方法は別途説明します。
まずは、この動きがあることを理解してください。

よく観察してみると、経験者の方は自然とおこなっているかと思います。

 

f:id:suwamika:20190814110536j:plain

シャトル拾い

 

f:id:suwamika:20190814110559j:plain

シャトル受け

 

f:id:suwamika:20190814110618j:plain

シャトル渡し

 

【練習紹介】極み返し ~ピンチに備えろ!~

f:id:suwamika:20190808001224p:plain

極み返し!

相手の打球がネットにかかり、ほぼ垂直に落ちてきて失点!たまにあるシーンかと思います。
そして、トッププロはヘアピンでこれを狙ってきます。桃田選手とか。


果たして、ほぼ垂直に落ちてきたらその時点で「失点確定」なのでしょうか?
それはあなた次第。今回はその時のための練習を紹介します。

 

www.youtube.com
▼やり方
ネットにシャトルを寝かせて、落ちてきたらシャトルをどうにかこうにか相手コートに返す。

 



バドミントンの練習の中でも珍しく一人でできる練習です。
一度やってみてください。

難しいです、これ。

ただ、慣れとけば試合で奇跡を奇跡で返せるチャンスが広がるはずです。

 

 

参考図書

田児式スーパーバドミントン

【練習紹介】ロールドライブ ~ドライブのLv.2~

f:id:suwamika:20190808000821p:plain

ロールドライブ!

バドミントン部の部長さんや、社会人サークルの代表!
こんな練習をしてみてはどうでしょうか?


その名も「ロールドライブ」!

 

www.youtube.com


地域によっては「ぐるぐる」と呼ばれることもあります。


▼基礎打ち ドライブのレベル2
基礎打ちの「ドライブ」は立ち止まった状態で打つのに対し、このロールドライブはそこから一段階レベルが上がり、動きながらドライブを打つことになります。
なおかつ、基礎打ちのドライブよりも正確なコントロールが求められます。


コスパの良さ
コート半面を使い合計10人くらいで練習することができます。数ある練習の中でもコストパフォーマンスがよい練習です。
コートから人が溢れている!そんな時にこの練習をはさんでみては?


▼混ざれる!
経験者と初心者が混ざって練習できるのもこの練習の大きな魅力です。


やってみようかな?そう思った方、仲間への説明が難しいようならぜひ、スマフォでこの動画を見せてみてください。伝わるかと思います。

みんとん部の紹介 〜やりたいこと〜

みんとん部のやりたいことを某企業のバドミントン部にプレゼンする機会を得たため、ざっくりとみんとん部のやりたいことをスライドにまとめました。

そのスライドの中の「2020年9月 ~祭のあと~」というスライドがみんとんのtwitterで100近い「いいね!」をいただきました!

 先にバドミントンをしている者として、これから始める人のために悩んだり取り組んだりしている人が多くて少し嬉しくなりました。

 

せっかくなので、このときに作ったスライドをまとめて掲載したいと思います。

 

「開始欲求に応えるコンテンツ」

「練習のコスパの概念」

「基礎打ち+(プラス)」

「アドバイス事例集」

 

などの新しい概念を盛り込んだ資料になっており、

これらを一緒に作っていきませんか? みんとん部には「開発力」があるので「指導スキル」と「選手」を貸してくださいということをお願いしてきました。

気になる、打ち合わせの結果は・・・

 

f:id:suwamika:20190706150614j:plain

f:id:suwamika:20190706150617j:plain

f:id:suwamika:20190706150621j:plain

f:id:suwamika:20190706150624j:plain

f:id:suwamika:20190706150628j:plain

f:id:suwamika:20190706150632j:plain

f:id:suwamika:20190706150636j:plain

f:id:suwamika:20190706150639j:plain

f:id:suwamika:20190706150642j:plain

f:id:suwamika:20190706150644j:plain

f:id:suwamika:20190706150646j:plain

f:id:suwamika:20190706150649j:plain

f:id:suwamika:20190706150653j:plain

f:id:suwamika:20190706150655j:plain

 

「基礎打ち+(プラス)」を始めました!

社会人サークルは「基礎打ちして即、試合」という練習スタイルのところが多いですよね〜。

「うちは、ノックなども取り入れている!」というサークルは①来るメンバーが比較的決まっている ②しっかり練習を考える人がいる どちらかの条件を最低限満たしていると思います。

 

「基礎打ちして即、試合」の団体も、内心は「なんかちょうどいい練習はないのか?」と思っているのではないでしょうか?

 

ただ現実は厳しい。

 

基礎打ちはやっぱり結構よくできていて「最低2名が同期すればできる練習」であり、汎用性が高いんですよね。コートも「0.5コート以下」で実施できるし、コスパもいい。

例えばノックをやろうとすると「4,5人が同期して、1コートを利用する」必要が出てきます。シャトルもいっぱい使うし・・・ やるにはハードルが高いのが現実・・・

 

そこでみんとん部では基礎打ちの次の一歩、応用編、レベル2とも呼べるいくつかの練習を「基礎打ち+」として紹介していこうと思います。

 

 

 

「今日の+α」という企画をはじめました!

f:id:suwamika:20190603231029j:plain

伸び代ある

みんとん部では、基本「初心者ファースト」で練習を設計していますが、たまにはさ、経験者にも光を当ててもいいかと思いまして、これから少しずつ「新技を覚える」ことをしていこうと思います。

企画名は「今日の+α」!

 

初回は「背面スマッシュ」を取り上げました!

練習方法はこんな感じ。

f:id:suwamika:20190603231237j:plain

背面プッシュ・スマッシュの練習法

レベル1では、背面プッシュを。

レベル2では、背面スマッシュを行います。

決まるとかっこいいし、爽快。

 

今後も、色々な技をみんなで試していきたいと思います。

その中で自分にあった技が見つかったらよいと思います。

今後のラインナップはこちら〜。

f:id:suwamika:20190603231427j:plain

今後のラインナップ

楽しんでいこう!