みんとん部!

平成元年生まれ中心の都内バドミントンサークル「みんとん部」の活動をベースに「バドをより楽しむヒント」を紹介していきます!

【基本戦術】ダブルスの動き方(ローテーション)

youtu.be

未経験者や初心者にとっては「ダブルスの試合中の動き方」は難解ですよね。

なんか体育の授業で習った記憶も… もうないです… よね? そうですよね。

あれは「ローテーション」と呼ばれるもので、効率的に攻撃したり、効率的に守備をするための動きです。

あ… いきなり攻撃と守備と言われても? ですよねー。

 

「攻撃」が得点を取るためのプレーです。ドロップショットで相手の体制を崩すとか、スマッシュでブチ抜くとか、プッシュでブチ抜くとかですね。

これを効率的に行うために、トップアンドバック(縦)になります。後衛がスマッシュ・ドロップを打ちまくり、前衛はプッシュのチャンスを待つわけです。

 

逆に「守備」は攻撃を凌ぐプレーです。スマッシュを返球したり、ドロップを打たれても体制を崩されないようにします。

これを効率的に行うために、サイドバイサイド(横)になります。コートを2人で半分ずつ守ることでどんな速いシャトルにも対応しようとするわけです。

 

経験者の人が試合中に「サイド!」とか「縦!」とか叫んでいる場合、その一言に上記の意味を詰め込んでいるわけです。良かれと思って言っているので、怖がらずに聞いてあげてください。